人魚の嘆き・魔術師 - 谷崎潤一郎

人魚の嘆き 谷崎潤一郎

Add: gatamypy95 - Date: 2020-12-02 21:39:25 - Views: 99 - Clicks: 1052

今回は、谷崎潤一郎『魔術師』のあらすじと感想をご紹介しました。 登場する不思議な公園は、「東京のようで、南米のようで、中国やインドのようで・・・」と描写され、魔術師の容姿については、「男か女か分からない。少年少女、世界中の人種のあらゆる美を1つにした顔」と描写されています。 読者は、この描写をヒントに公演の様子や魔術師の顔を想像します。このヒントはものすごい矛盾をはらんでいるので(男性美と女性美が共存していることなど)、映像化して目に見えるようにするのは不可能だと思います。 でも、想像する分には何の問題もありません。イメージの中では矛盾も気にならないからです。私は、この想像する作業こそが、『魔術師』を読むときの最大の楽しさかなと思います。興味を持った人は、ぜひ読んでみて下さい!. 最終的に、人魚は海に帰ってしまい、貴公子と人魚の恋は実りませんでした。この結末には、谷崎の西洋への接近の失敗が反映されているという見方ができます。 谷崎は、西洋に異常なほど憧れていた人物です。憧れというより、畏怖(いふ)や信仰、崇拝に近いです。実際に、谷崎の作品には西洋をモチーフにしたものがたくさんあります。 しかし、自身が西洋人っぽくなることも、西洋で暮らすことも、西洋人の妻を迎えることもありませんでした。 西洋的な美をそのまま体現したような人魚は、谷崎が憧れていた西洋そのものです。その人魚が遥かかなたの海に消えてしまったことは、谷崎がとうとう西洋に近づけなかったことを暗示しています。. 谷崎が「人魚の嘆き」を執筆していたのは大正5年12月だが、既に大正5年中に潤一郎には短篇集上梓の計画があり、装幀挿画を本間国雄に依頼、ところが直前になって本間が突然旅だってしまったために、急遽谷崎側が名越国三郎にその矛先を向けた、という. 原題: 人魚の嘆き・魔術師 著者: 谷崎潤一郎 ISBN:『人魚の嘆き・魔術師』谷崎潤一郎--中央公論社,1978. 今回は、谷崎潤一郎『人魚の嘆き』のあらすじと感想をご紹介しました。 豪華絢爛(ごうかけんらん)な生活をする貴公子と、西洋の人魚が出会うという夢みたいな設定ですが、知らない世界をのぞいているようで、ページをめくる手が止まらなくなる作品です。ぜひ読んでみて下さい!. 人魚の嘆き・魔術師 (和書)年04月01日 15:10 1978 中央公論社 谷崎 潤一郎 耽美小説はあまり好きではないけど、これらの作品は面白かった。 漢語など多用されていて読むのにとまどうところが多かったが短い作品なのでそれほど苦にはならないと思う。.

人魚の嘆き・魔術師 - 谷崎潤一郎/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 人魚の嘆き・魔術師 タイトルよみ (titleTranscription) ニンギョ ノ ナゲキ マジュツシ 著者 (creator) 谷崎潤一郎 作 著者標目 (creator:NDLNA) 谷崎, 潤一郎,著者標目よみ (creatorTranscription:NDLNA) タニザキ, ジュンイチロウ 出版地 (publicationPlace) 東京 出版者 (publisher. Amazonで谷崎 潤一郎の人魚の嘆き・魔術師 (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。谷崎 潤一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

「人魚の嘆き 魔術師」なる作品は怪奇幻想小説の部類に入るだろう。解説の中井英夫によると、ワイルド作「サロメ」と同じ手法を用いた挿絵を用いているとのこと。確かに似ていると思い読んでいたら、ピアズレーを模した水島爾保布(みずしま におう)の作品であるとのこと。「人魚の嘆き. See full list on jun-bungaku. 「人魚の嘆き・魔術師/谷崎潤一郎」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフーとアスクルがお届けする通販サイトです。. 初版刊行日 1978/3/10; 判型 文庫判; ページ数 112ページ. 私:主人公。恋人に連れられて、ある魔術師の小屋に行く。 恋人:主人公の恋人の女性。魔術師の見世物を見に行くことを提案する。 魔術師:町の不思議な公園に小屋を出した魔術師。男か女か分からない。見た人は、その魔術の虜(とりこ)になって毎晩見ずにはいられなくなる。. 人魚の嘆き・魔術師.

夢かうつつかまぼろしかという感じで、終始ふわふわした気分で読みました。私も、魔術にかかったようでした。 まず思ったのは、見世物小屋(身体障害者や特殊な能力を持つ人が、過激な芸をする興行のこと)のようだということです。小屋の中はまがまがしい装飾や、過剰なほどの明るさで満ちていて、人でぎゅうぎゅう詰めです。 そんな非日常で異常な空間で、摩訶不思議な芸を見せられたら、心を奪われてしまうのも無理はないなと思いました。 また、魔術師は魔術を見せるだけではなく、確実に自分の虜になる人を増やしています。読んでいて、新興宗教のようだとも感じました。 主人公は、魔術師に使える人を「奴隷」と呼んでいますし、そこには決定的な上下関係があることが示されています。谷崎は「支配と隷属」が大好きなので、結局はそこに行き着くんだなと思いました。. com で、人魚の嘆き・魔術師 (中公文庫) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。. 人魚の嘆き・魔術師/谷崎潤一郎(小説・文学) - 大正八年八月に春陽堂から水島爾保布の装画二十点余りに飾られ、大型本. 25歳になった貴公子は、あるとき1人の商人に目を止めます。なんと、その商人は人魚を生け捕って来たとのことなので、貴公子は急いで彼を通しました。 ヨーロッパから来たという商人は、カタコトの中国語で「人魚は、人間には計り知れない力を持ちながら、卑しい魚類に堕(おと)されました。そして、海の底を泳ぎながら、陸に憧れて嘆いているのです」と言います。 また、人魚はとても高価なので、なかなか買い手が現れませんでした。そして、人魚に恋をすると人間は命を全うできなくなるので、人々はそれを恐れて人魚を買おうとはしなかったのです。貴公子は、商人の言い値で人魚を買いました。.

谷崎 潤一郎『人魚の嘆き・魔術師』のネタバレありの感想・レビュー一覧です。. 中国・清王朝の南京で、ある皇帝に子供が生まれました。しかし、その子供が立派な貴公子になる頃には、両親は亡くなってしまいました。よって、その貴公子は莫大な財産を引き継ぎます。 彼は絶世の美男子であることに加え、優れた頭脳の持ち主でした。南京中の女性たちは、一度でいいから貴公子の恋人になりたいと思うのでした。 成人してからは、有り余るお金であらゆる遊びをします。そのせいか、だんだんと頭がぼんやりとしてきて、何に対しても面白さや目新しさを感じられず、屋敷に引きこもるようになりました。 そして、厳選した7人の美女を愛人としてさらに住まわせ、珍しい酒を集めます。そして、城に来た商人に「お金はいくらでも出すから、もっと珍しい酒、もっと美しい女を連れてきてくれ」と言いました。. - taishou-kun: Ningyo no nageki 人魚の嘆き (Lament mermaidMizushima Niou 水島 爾保布Painter, novelist, cartoonist, essayist - More information 谷崎潤一郎 水島爾保布 大正ロマン人魚の嘆き・魔術師 谷崎潤一郎著 水島爾保布画大正八年八月 春陽堂発行190X262mm. 舞台が中国に設定されているのは、谷崎が中国の古典を参考に『人魚の嘆き』を執筆したからなのです。ではなぜ、中国の中でも特に南京が選ばれたのでしょうか? その謎を解くためには、まず南京という場所について知る必要があります。南京は、かつて金陵(きんりょう)と呼ばれた大きな都市でした。 古典作品にも数多く登場し、「仙都(せんと。仙人が住むような素晴らしい場所)」「楽国」と例えられ、あらゆる享楽を体験できる極楽世界だとされています。 このように、南京には「日常からは離れた別世界」というようなイメージがあったため、常識が通じない不思議な空間として認識されていました。だからこそ、美しさと頭の良さを兼ね備えた美女が登場するロマンスが、次々と南京を舞台に生み出されました。 こうした「なんでもあり」な南京という空間は、非現実的な人魚の登場をごく自然に見せる働きをしています。 同時に、「神仙の世界から人間界に一時的にやってきた美女が、元の世界に帰ってしまうという」ような物語も、南京を舞台に作られました。 このことから、南京は数々の享楽があふれる魅力的な地である一方で、それは長続きしないことがほのめかさ.

人魚の嘆き・魔術師/谷崎 潤一郎(中公文庫:中公文庫)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. 人魚の嘆き・魔術師 著者:谷崎潤一郎/著 価格:3,600円+税 刊行日:/12/18 出版社:春陽堂書店 isbn:. 【定価68%off】 中古価格¥200(税込) 【¥438おトク!】 人魚の嘆き・魔術師/谷崎潤一郎(著者)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 東京のようでもあり、南米の植民地のようでもあり、中国やインドの船着場のようでもあるその町には、不思議な公園がありました。主人公は、恋人からその公園に行こうと誘われます。 その公園では、いつも変わった催し物が行われていました。主人公が、「あの公園には、もっと我々の魂をおびやかす物があるだろう。私にはそれがなんだかわからないが、お前は知っているに違いない」と言います。 恋人は「そうです。私は知っています。それは、近ごろ公園に小屋を出した魔術師です。その魔術師はとても美しく、一度その魔術を見た人は、毎晩行かずにはいられなくなってしまうのです」と言いました。2人は、その魔術を見に行くことにしました。. 谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年(明治19年)7月24日 - 1965年(昭和40年)7月30日)は、日本の小説家。 明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで、戦中・戦後の一時期を除き終生旺盛な執筆活動を続け、国内外でその作品の芸術性が高い評価を得た。. 人魚の嘆き・魔術師 - 谷崎潤一郎 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 定価¥3,960(税込) 人魚の嘆き・魔術師/谷崎潤一郎(著者),水島爾保布(絵)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 谷崎 潤一郎『人魚の嘆き・魔術師』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約193件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

谷崎潤一郎の「人魚の嘆き・魔術師」を読みました。 読み始めてすぐにビックリしたのですが、なんというか谷崎っぽくない!! 人魚の嘆きは中島敦、魔術師は江戸. 谷崎潤一郎 『人魚の嘆き・ 魔術師』 中公文庫 A1-11 中央公論社 昭和53年2月25日 印刷 昭和53年3月10日 発行 110p 文庫判 並装 カバー 定価180円 表紙・扉: 白井晟一 カット・挿画: 水島爾保布 新字・新かな。. 出典:谷崎潤一郎 『人魚の嘆き・魔術師』 中公文庫, 年第24刷 ★ ★ ★ はるかむかし、南京の由緒ある家に生まれ育った若き 貴公子 は、幼い時に亡くした両親から莫大な遺産を受け継ぎ、美しい青年となった現在にいたるまで放蕩の限りをつくし毎日を. 魔術師は、いくつかの魔術を披露した後に、次の魔術の説明を始めます。それは、人間の肉体の一部分だけを別のものに変更させるというものでした。 主人公は、その説明よりも魔術師の美しさに目を奪われました。主人公は、魔術師は男だと思っていましたが、どちらなのか見当がつきません。女性から見れば絶世の美青年ですし、男性から見れば絶世の美女なのです。 男性美と女性美の両方を兼ねあわせた、完璧な美がそこにありました。そればかりか、あらゆる人種の美しいところだけを合わせたような感じだったのです。 魔術師は、美しい女奴隷を選び、「お前は今夜何になりたい?」と問いかけます。女は、「美しいクジャクになりとうございます」と言いました。魔術師が呪文を唱えると、女はクジャクに変身しました。 あぜんとする観客に、魔術師は「誰か犠牲になる人はいませんか?」と聞きます。主人公は、他の観客にまぎれてふらふらと魔術師の元へ向かいます。 そんな主人公を見た恋人は、「私があなたを愛する心は変わらないのに、あなたは魔術師に仕えようとするのですね」と泣きながら言いました。 主人公は、「私はあの魔術師の美貌におぼれて、お前を忘れて.

人魚は、ガラスの水がめに入っています。彼女は、貴公子が今まで見たことないような美女で、純白の肌を持っていました。貴公子はひたすら人魚を眺めるようになったため、7人の愛人は、ほったからしにされています。 貴公子は、「せめて体の半分だけかめから出しておくれ」と言いましたが、人魚はかめの隅で縮こまってしまいます。あるとき、貴公子が紹興酒(しょうこうしゅ。中国の酒)を飲んでいると、酒の香りに惹かれた人魚がかめから手を出しました。 貴公子が紹興酒を与えると、人魚はそれを飲み干します。そんな人魚に、貴公子は「君が本当に不思議な力を持っているのなら、せめて一晩で良いから、人間の姿に変わってくれ。そして、僕の恋を聞き入れてくれ」と言いました。 すると、人魚は「貴公子よ、どうか私をかわいそうに思って、私を海へ放してください」と言います。貴公子が、「故郷に恋人がいるのだろう」と言うと、「私は美しいあなたに恋をしていますが、人魚と人間が一緒にいてもお互いの不幸なのです」と告げました。 そして、「もしもう一度人魚を見たいと思うなら、ヨーロッパ行きの船に乗って、月が見える夜に海に離してください」と言って、. 【1日~3日以内に出荷】。【中古】 人魚の嘆き・魔術師 / 人魚の嘆き・魔術師 - 谷崎潤一郎 谷崎 潤一郎 / 中央公論新社 文庫【宅配便出荷】. 谷崎潤一郎 著. mixi谷崎潤一郎 『人魚の嘆き・魔術師』を読まれた方いますか? 中公文庫から発売されている、谷崎著『人魚の嘆き・魔術師』を読まれた方はいらっしゃいますか? 究極の美に心を奪われた人間の顛末が描かれていて、行きつくところまで行ってしまっている物語二編です。 妖艶. Pontaポイント使えます! | 人魚の嘆き・魔術師 中公文庫 | 谷崎潤一郎 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. たどり着いた公園は、実におかしな場所でした。公園と言っても木は1本も生えておらず、巨大な建物が電飾で飾られてそびえています。アラビア風の建物、ピサの斜塔をさらに傾けた塔、家全体が人間のような建物、そり返ったものなど、常軌を逸した建物ばかりです。 そして、恋人に導かれるままに、主人公は魔術師の小屋のアーチをくぐりました。主人公は、あまりの異様さにおじけづきますが、恋人は気にせずどんどん進んでいきます。 小屋の中に入ると、中国人、インド人、ヨーロッパ人と多種多様な人種の人がひしめき合っています。日本人らしき人は1人もいません。 舞台中央の階段の上には、玉座のような席が設けてありました。そこには、若くて美しい魔術師が腰掛けています。魔術師は、生きた蛇のかんむりを頭に乗せ、黄金のサンダルを穿いています。魔術師の6人の助手たちは、奴隷のようにかしこまって控えています。.

作家名: 谷崎 潤一郎: 作家名読み: たにざき じゅんいちろう: ローマ字表記: Tanizaki, Jun&39;ichiro: 生年:: 没年:. 価格: 3,960 円(税込). おとぎ話でも、人魚と人間は恋をすることが多いです。結末は、人魚が泡となって消えるパターンと、人魚が人間になって人間と結ばれるパターンがありますが、本作は前者に近いです。 私が意外に思ったのは、人魚と貴公子は相思相愛だったということです。貴公子が人魚に恋をするのはわかりますが、人魚が自分の自由を奪っている人に恋をするというのが不思議でした。 人魚は「あなたのように世にも珍しい貴やかな若人を、どうして忌み嫌うことができましょう」と言っているので、彼女は貴公子の顔が好きだという事が分かります。 貴公子は、南京中の女性がかっこいいと思う顔なので、「それだけ美しい顔なら、捕らえられた人魚も貴公子のことを好きになるのは仕方ないのかな」と納得しました。 また、それと関連させて、人魚の「嘆き」とは故郷に帰れないことではなく、人間に恋をできないことなのだと感じました。人魚は、自分が貴公子をどれだけ好きかということを強調して話しているからです。 しかし一方で、それはポーズなのでは?とも思いました。貴公子は、人魚が「故郷に帰りたい」と言ったときに「故郷に恋人がいるのだろう」と言いました。貴公子は人魚の恋人に嫉妬し、だから帰さないというのです。 そこで人魚は、「私はあなたのことが好きだけれど、一緒にいたらあなたのためによくないから、海に帰してください」と言います。自分の望みを叶えてもらうために、貴公子を思いやる言葉を並べたのではないかと思いました。. 「年 『人魚の嘆き・魔術師』 で使われていた紹介文から引用しています。 谷崎潤一郎のおすすめランキングのアイテム一覧 谷崎潤一郎のおすすめ作品のランキングです。. また魔術師に魅せられて半羊神と化す妖しい世界―― 著者:谷崎潤一郎 カバー・水島爾保布 発行:中央公論社 1995年第12刷発行 サイ 内容:むかしむかし、まだ愛親覚羅氏の王朝が、6月の牡丹のように栄え輝いていた時分――南京の貴公子の美しき人魚への. 人魚の嘆き・魔術師 / 谷崎潤一郎 著 - 中央公論社ならYahoo!

人魚の嘆き・魔術師 - 谷崎潤一郎

email: idiwi@gmail.com - phone:(437) 835-5776 x 6401

My Birthday Book September 07 - 天城映 - 大佛次郎 ゆうれい船

-> 美術家索引 西洋篇 - 恵光院白
-> One Way Love - 奈都

人魚の嘆き・魔術師 - 谷崎潤一郎 - 初期密教 高橋尚夫


Sitemap 1

超伝導材料と線材化技術 - 小沼稔 - あずまきよひこ あずまんが